アントニオ・カスティーヨ:パカンやシャネル等を遍歴

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。

アントニオ・カスティーヨ(Antonio Castillo)は1908年にスペインのマドリードに生まれたファッション・デザイナーです。
フルネームは、アントニオ・キャノバ・デル・カスティーヨ。表記上、アントニオ・カスティロ、アントニオ・カスティリョ、アントニオ・カスティーリョ、アントニオ・カスティヨ、アントニオ・カスティロとも。

経歴

マドリード大学とエル・サクロ・モンテで建築と法律を学んだ後、パカンシャネルロベール・ピゲ等でドレスやアクセサリーなどでオリジナル・デザインを手がけました。
1945年にニューヨークへ渡り、オート・クチュールを手がけた始めたドイツの化粧品ブランド「エリザベス・アーデン」社のデザイナーとして活躍。オペラやブロードウェイの舞台衣装もデザインしました。
1950年にパリへ戻り支配人としてランバン社と契約。ジャンヌ・ランバン亡き後のブランド<ランバン>をランバン・カスティーヨに変更し、自ら主任デザイナーとしても一時代を築きます。
1961年、それまでの半年間をクリストバル・バレンシアガのクチュール・メゾンで働いていたオスカー・デ・ラ・レンタを、ランバン・カスティーヨのアシスタント・デザイナーにヘッド・ハンティングしました。

イヴニング・ドレス アントニオ・カスティーヨ設計 ランバン販売 スタロン制作 1957年

イヴニング・ドレス(アントニオ・カスティーヨ設計、ランバン販売、スタロン制作、1957年) via Evening dress | del Castillo, Antonio | V&A Search the Collections


アントニオ・カスティーヨのイブニング・ドレス
このイヴニング・ドレスはアントニオ・カスティーヨがランバン・カスティーヨ用にデザインしたジブライン地(けばの長い厚地織物)ドレス。ジブライン生地はスタロン社製。1957年・パリ製。英国ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム所蔵。

自店舗開店からニューヨークへ

1962年に病気でランバンを休職。ジュール・フランソワ・クラエに主任デザイナーを委任したまま、1963年にランバンを離れ自分のメゾンをオープン、コレクションを発表しました。
この年、デ・ラ・レンタを連れて、カスティーヨは再びニューヨークへ渡り、エリザベス・アーデンのオート・クチュールとレディ・トゥ・ウェア(プレタポルテ)両部門で、ともにデザイナーとして働きました。
カスティーヨの名は1966年までのオートクチュールの名簿で確認することができます。1964年頃にはアンヌ・マリー・ベレッタがカスティーヨのメゾンで働きました。
1971年、デザイナーの一人として参加した映画『ニコライとアレクサンドラ』でアカデミー賞衣装デザイン賞を獲得(もう一人はイヴォンヌ・ブレイクですが、もう一人の協力者ジョン・モロは除外されました)。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました