黄色のストラップ・ガールを教えてください

Vogue Women

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

本書は、刊行から1世紀近く経つヴォーグ誌の歴史と衣装・美容の歴史を伝えています。いわば、撮影者とモデルの2面から楽しむことができるヴォーグ・ツアーです。
衣装に包まれた女優たち、それを写した写真家たち、彼ら・彼女らを取り巻くエピソードを詳しく知りたかったのですが、テーマ説明に比して写真解説が少なく、少々残念。
扱う時期は長く、1920年代から30年代のシックで大胆なファッション転換について、フォーマル・ドレスの設計師(デザイナー)やロイヤルティを描いた初期のファッション誌が扱われ、最近のファッションと美容文化の歴史までが対象です。

目次

目次は以下の通りです。
序文、忠実性または忠誠度(Royalty)、社会的女性、発想、女神、王家、モデル、スター、エキゾチック・エスニトリック、妻、アイコン。巻末に、謝辞、人名索引、クレジット。

感想

テーマ説明は多いのですが、写真解説は少ない。
テーマの方では、戦時中の女性たちの勇敢な印象、パリでの魅力の再現、ファッション・モデルの登場、80年代後半のスーパーモデルの先駆けだったファッション・アイコンの誕生が楽しめます。
ヴォーグ登場の女性は、アレクサンドル女王の時代から今日まで、スタイルの根本的変化に耐えられる美しさの象徴を精査しています。専門の写真、化粧、髪型、ディテールに細心の注意を払う「ヴォーグ・トリートメント」まで取り上げられています。
この手の図録を見る時の通例で私はいつもグレタ・ガルボカトリーヌ・ドヌーヴマドンナの扱いを機にします。グレタ・ガルボとカトリーヌ・ドヌーヴは、それぞれMusesとIconsの項目で言及されています。マドンナは出てきません。
http://amzn.to/2CtN2lw
Georgina Howell ed., Vogue Women, Running Press, 2000

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました