黄色のストラップ・ガールを教えてください

フィリップ・ヴネ:トップ・ブランドを渡り歩く

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

フィリップ・ヴネ:トップ・ブランドを渡り歩く

フィリップ・ヴネ Philippe Venet は1929年にフランスのリヨン生まれたファッション・デザイナーです。フリップ・ベネットの表記は英語発音から採られたもので誤り。フィリップ・ヴネの表記が無難です。

経歴

バレンシアガへの憧れ

14歳の時、リヨンの服飾店ピエール・クール(La Maison pierre court)のブルジョワ・アリストクラティックに勤務。このメゾンは上流階級の婦人たちがパリのモデルのコピーを買う場所でした。ここでヴネは1年に2回、クリストヴァル・バレンシアガのモデルを選ぶためにパリに行ったそうです。その過程でバレンシアガに影響を受けました。

ジバンシーへ

4年後の18歳の頃、バレンシアガに就職したくてパリに出ましたが断られます。しばらくしてエルザ・スキャパレリの店に勤務し、その在職期間中(1951~53年)にユベール・ド・ジバンシーを知ります。ジバンシーから要請を受けて同店の主任テーラーになりました。9年間ジバンシーの下で働きました。

ドレス(リネン製・人工繊維製)、フィリップ・ヴネ制作、1960年代

ドレス(リネン製・人工繊維製)、フィリップ・ヴネ制作、1960年代 via Philippe Venet | Dress | French | The Met

独立

自身の店での最初のコレクションは1961年(1962年説も)。1970年に紳士服のコレクションも開きました。創業当初は20名程の従業員規模でしたが、1970年頃には60人規模に拡大しました。

作風

正確なカッティングと入念な仕立てで、着やすく優雅なオーソドックス・スタイルを作りあげる技術の確かさに定評があります。中でも、メルトン、ラシャ、ウール、ビロードなどの生地を上手にカッティングし、コートやスーツが高く評価されました。1965年、リオのカーニバルのための衣装デザインに従事しました。

アンサンブル(ジャケットはウール製、ドレスはシルク製)、フィリップ・ヴネ制作、1980年代後半~1990年代前半

アンサンブル(ジャケットはウール製、ドレスはシルク製)、フィリップ・ヴネ制作、1980年代後半~1990年代前半 via Philippe Venet | Ensemble | French | The Met


[amazonjs asin=”2081241374″ locale=”JP” title=”Balenciaga, Philippe Venet, Givenchy au château des princes de Beauvau Craon”]
[amazonjs asin=”2080301675″ locale=”JP” title=”Cristobal Balenciaga, Philippe Venet, Hubert de Givenchy: Grand Traditions in French Couture”]

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました