黄色のストラップ・ガールを教えてください

ロベール・ピゲ:パリらしいクチェリエ

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

ロベール・ピゲ

ロベール・ピゲ:Robert Piguet は、1901年に銀行家の息子としてスイスのイヴェルドンに生まれたファッション・デザイナー。パリ・モードの香りとセンスを謳いあげた、もっともパリらしいクチェリエといわれる。

ロベール・ピゲ:Robert Piguet

ロベール・ピゲ:Robert Piguet via Robert Piguet – Wikipedia


17歳でパリに出て、チャールズ・ポインター・レドファン、ポール・ポワレなどの店で、10年間ほど修行した。
1933年、パリ・シルク通り(シャンゼリゼ通り)にメゾンを開いて独立。この店で働いたクリスチャン・ディオール(1938年入店)は「シンプルさの価値、どうすればデザインをおさえられるか」をピゲに学んだと回想している。ディオールの他にも、ユベール・ド・ジバンシーマルク・ボアンジェームス・ガラノス、カスティヨらが指導を受けた。1940年代末に健康を害し、1951年に閉店し、1953年に病没した。

作風

ジャン・コクトー、ジャン・マレー、クリスチャン・ベラールらと親交が深く、貴族的で孤独を愛し、感受性の豊かだったロベール・ピゲ。とくに、イタリアの美術や建築を愛し、イタリアの宮殿風な装飾を取り入れたサロンは有名。
作品では、「エレガントな服はシンプルであるべきだ」という持論のもとで、シンプリシティを追求した繊細なエレガンス感覚をもっており、「もっともパリ的なクチュリエ」と呼ばれた。
洗練しつくされたシンプルな白黒のドレス、アフタヌーン・ドレス、ベストを組み合わせたスーツ、毛皮でトリミングしたルダンゴトなどが有名で、特に小柄な女性のためのデザインで知られている。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました