黄色のストラップ・ガールは誰か

エレガント

1960年代ファッション

過去の未来に登場したパコ・ラバンヌ

スペインには、世界に影響を与えた2人のファッションデザイナーがいます。1人はクリストバル・バレンシアガです。彼は魔法と革新によって世界を切り開きました。もう1人がパコ・ラバンヌです。二人は素晴らしい親近感をもっています。
2021.11.28
アーカイブ(凍結記事)

マレーネ・ディートリヒ:ヒトラーからの出演依頼を蹴った映画女優

マレーネ・ディートリヒ : 1901年10月27日にドイツのベルリンに生まれた映画女優です。パラマウント社の撮影所長B・P・シュルハーグはディートリッヒと契約し、MGM社のグレタ・ガルボに対抗すべきスターとしての売りだしを図ります。
2021.10.26
アーカイブ(凍結記事)

ジャン・キャスグラン(ロンシャン設立者)と会社の歴史

1970年代に発表されたレディス・ハンドバッグをもって、ロンシャンの知名度は不動のものとなります。1989年にイザベル・ギヨンがチーフデザイナーになって以来、20代の層をはじめとしてワールドワイドで定着してきてきました。
2021.10.26
アーカイブ(凍結記事)

ロバート・カロック:コロンビア・ピクチャーズで活躍

ルシール社でダンス衣装をデザインし、コロンビア・ピクチャーズへ移籍後は映画衣装を担当しました。MGM社を経て最後はフリーランス・デザイナーとしてオケージョナルに仕事を受けました。
2021.10.26
アーカイブ(凍結記事)

シャネル スタイルと人生 / ジャネット・ウォラク

シャネル スタイルと人生 : 本書はガブリエル・シャネルの伝記で、彼女が生んだファッション・スタイルや生涯そのものを讃えています。著者のジャネット・ウォラク(Janet Wallach)はニューヨーク市でファッション・ディレクターを歴任した経験があります。訳者の中野香織は「性とスーツ」で有名なファッション史家。
2021.10.26
アーカイブ(凍結記事)

ベルリン・モード:1990年代のポスト・カード

ベルリン・モード : ドイツ歴史博物館(Deutsches Historisches Museum、外部リンク、英語版もあり)で販売されていた、映画の広告ポスターなどの絵はがきを6点紹介しています。19世紀後半から20世紀中頃のドイツの都市状況やモードシーンの一端を垣間見ることができます。
2021.10.26
ワンピースとスカートの歴史

シャネルの三色イブニング・ドレス:1938-1939年

シャネルの三色イヴニング・ドレス : 第2次世界大戦勃発前のシャネル最後のショーに登場しました。このドレスは夏向けに設計されたものでしょう。
2021.12.12
アーカイブ(凍結記事)

ドリー・ツリー:Dolly Tree エイドリアンの影に

ドリー・ツリー Dolly Tree (本名 Dorothy Tree)は、英国ブリストルに生まれたファッション・デザイナーです。1899年-1962年。ロンドン、パリ、ニューヨーク、ハリウッドで1920年代の舞台衣装デザイナー(劇場デザイナー)、1930年代の映画デザイナーとして国際的に評価されています。
2021.10.26
アーカイブ(凍結記事)

ギルバート・エイドリアン:MGM社でガルボらの衣装をデザイン

ギルバート・エイドリアン Gilbert Adrian は米国コネチカット州に生まれたファッション・デザイナー(衣服設計師)です(1903-1959)。よく映画のクレジットでは、単にエイドリアン Adrian と記されます。映画衣装分野の開拓者であると同時に、主にMGM社でグレタ・ガルボ Greta Garbo らの衣装を作りました。
2021.10.26
ブックレビュー

モード・イン・ハリウッド:女優とデザイナーにまつわる映画衣装の逸話

『モード・イン・ハリウッド』は、ハリウッド映画と衣装の見えないドラマを掘り起こして、ファッション業界誌「繊研新聞」にサタデー・スペシャルとして連載を続けている一部をまとめた本です。映画のクレジットにデザイナー名は出てきますが、きちんと映画を論じた批評や評論に服飾を焦点にしたものはほとんどありません。映画と衣装の関係を知りたい場合、この本から出発するのがお勧めです。
2021.12.03
モードの世紀をフォロー
タイトルとURLをコピーしました