ロバート・カロック:コロンビア・ピクチャーズで活躍

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約3分で読めます。

ロバート・カロック(Robert Kalloch)は1893年に米国ニューヨーク市に生まれたファッション・デザイナーです。

ドゥワイト・プレパラトリー・スクール(Dwight Preparatory School)、ニューヨーク・スクール・オブ・ファイン・アンド・アプライド・アート(New York School of Fine and Applied Art)で教育を受けました。

ロバート・カロック

ロバート・カロック via Robert Kalloch – IMDb

ルシール社へ就職

多くのアメリカ人のドレス・デザイナーと同様、カロックはニューヨーク、ロンドン、パリのルシール社の支店で仕事を学びます。そこでは第1次世界大戦前にスケッチ・アーティストとして勤めました。

ルシールの最も有名な顧客の1人であったレネー・キャッスル夫人はとてもエレガントでした。彼女は展覧会のボール・ルーム・ダンスのキャリアでかなり尊敬を集めていました。

カロックは彼女のドレスをたくさんデザインしました。彼女はまた、バレエ衣装の一部を含むバレリーナ、アンナ・パブロワ(Anna Pavlova)のためにもデザインしました。

コロンビア・ピクチャーズへ移籍

1930代前半、カロックはコロンビア・ピクチャーズ(Columbia Pictures)に移籍しました。1920年代後半、このスタジオは低予算の写真を制作していたため、長期契約を求める大スターたちを引き付けることが出来ていませんでした。

スタジオ・ヘッドのハリー・コーンはコロンビアのイメージを改善するために、アイリーン・ダン(Irene Dunne)、ナンシー・キャロル(Nancy Carroll)、グレース・ムーア(Grace Moore)、リリアン・ハーヴェイ(Lilian Harvey)、フェイ・レイ(Fay Wray)などの女優を説得し、映画に出演してもらいました。

ロバート・カロックはコロンビア・ピクチャーズ社の最初の優れたデザイナーでした。常に映画雑誌でたくさん宣伝されるような時代映画を主に担当し、洗練された衣装類を大量にデザインする機会が与えられました。ハリー・コーンは主な女優たち用の衣装スケッチをチェックし、彼女たちが「良い味で」服を着ていることを確かめました。

MGMからフリーランスへ

カロックは1941年までコロンビア社に滞在し、その後にMGMへ移籍し2年間勤めました。MGM退社後彼はオケージョナルなフリーランサーとしてデザインの仕事をしました。

関連リンク

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました