アンヌ・マリー・ベレッタ:形式にこだわる構築的で大胆な表現

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。

アンヌ・マリー・ベレッタ(Anne-Marie Beretta)は、1936年、南フランスのベジエに生またファッション・デザイナーです。

略歴

ファッション関係の学校を卒業し「ジャック・グリフ」のロジェ・バウエルに見いだされ、ファッション界へ。
ジャック・エステレル、アントニオ・カスティーヨなどのオート・クチュールを経て、1965年にピエール・ダルビー社へ移り、初めてプレタ・ポルテの仕事に取り組みました。ここで、スポーツウェアも制作しています。

フリーランスに

フリーランスになった後、皮革メーカーのマック・ダグラス等でデザインを担当し、名声を高めていきました。
1975年にパリのセーヌ川左岸のサン・サルピス街に店舗を持ちました。

羊毛フランネルのジャケットとスカート(1980年代、 アンヌ・マリー・ベレッタ の設計)。

羊毛フランネルのジャケットとスカート(1980年代、 アンヌ・マリー・ベレッタ の設計)。Wool flannel jacket and skirt in the 1980’s Designer: Anne-Marie Beretta via Anne-Marie Beretta

作風

形式にこだわった構築的でダイナミックな表現がアンヌ・マリー・ベレッタの特徴。
そこには、モダンな女らしさを感じさせる作品づくりが反映しています。
100%天然のウール、コットンを中心に、しっかりした素材でシンプルで着やすい服を作り、芯や裏地を使わない機能性は、スポーツウェアから学んだといわれます。
「たとえ最新のドレスでも、似合わなければ、思いきって脱ぎすてることのできる女性のために」(彼女の言葉)大人の感覚で作られた服に人気がありました。
1960年代にはレインコートの名手といわれました。
田舎へ行くこと、絵を画くことが趣味で「数年も先を見て、2・3年着ても流行遅れにならない前衛的な服を作ること」がモットー。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました