黄色のストラップ・ガールを教えてください

ダナ・キャラン:百貨店嫌いでフリーマーケット好きな衣装デザイナー

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約4分で読めます。

ダナ・キャラン

ダナ・キャラン Donna Karan は1948年に米国ニューヨークのロングアイランドに生まれたファッション・デザイナーです。
母のヘレン・フィスクはファッション・モデル、父のガブリエル・フィスクはファッション系のビジネスマン。最近はイギリスのモデル、カーラ・デルヴィーニュがダナ・キャランのランウェイをにぎわせています。

ダナ・キャラン:レキシー・モアランド撮影

ダナ・キャラン:レキシー・モアランド撮影 Donna Karan via Donna Karan Becomes Embroiled in Harvey Weinstein Controversy – WWD

経歴

1968年から2年間、パーソンズ・デザイン学校(パーソンズ・スクール・オブ・デザイン)に通学。2年目(1969年)の夏休みにアン・クライン社(アン・クライン・アンド・カンパニー)でバイトをして、次年度からの本採用を獲得しました。卒業後に同社へ入社。
1971年にアン・クライン社でアソシエイト・デザイナーに任命されました。1974年にアン・クラインが亡くなり、ダナはパーソンズ時代からの友人ルイ・デル・オリオ(Louis Dell’Olio)を呼んで一緒に同社のデザイナーを続けました。1977年にアメリカのファッション界で最高の栄誉とされるコティ賞を受賞。1981年にも受賞。
https://amzn.to/2Ai6nYA

独立

1985年に独立し「ダナ・キャラン・ニューヨーク」社を設立。アクセサリーからジュエリーまで網羅したトータルコーディネートの秋コレクションを開催。
社名はダナ・キャランで終わらせたくなかったダナはシューズ企業の「Maud Frizon」の木箱に「Maud Frizon Paris-Newyork」と書かれていることに気づいて、これを参考にしました。カリフォルニアがないじゃないかとか色々言われたそうですが、《ニューヨークの匂いを消費者は求めている》と信じ、本社拠点、国際性、橋といった展望をニューヨークという言葉に託します。
https://us.maudfrizon.com/
同1985年、CFDA(アメリカ・ファッション・デザイナーズ・アソシエイション)からデザイナー・オブ・イヤーに選ばれました。
1987年、ヘインズ・ホージリー社と提携し、ダナ・キャラン・ストッキングを販売。ストッキングの宣伝キャンペーンがCFDA賞を受賞しました。
1988年にセカンドラインの「DKNY」(ディーケイエヌワイ)を始めました。ニューヨークのスピリットとエネルギーから影響を受けたブランドです。ダナ・キャラン・アイウェアを販売。
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/81204
1990年、CFDAのデザイナー・オブ・イヤーに再選。エイズ・チャリティーへの寄付700万ドルを募った「セブンス・オン・セール」を計画し、会長の一人を務めるようになりました。
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/147203

引退

2015年7月にダナ・キャランは引退を発表。しばらく後任デザイナーを立てず「ダナ キャラン ニューヨーク」のコレクション発表も休止。
同年4月に「DKNY」はブランド「パブリック・スクール」を設立したダオ=イー・チャオ(Dao-Yi Chow)とマックスウェル・オスボーン(Maxwell Osborne)をクリエイティブ・ディレクターに指名しています。そのためセカンドラインの「DKNY」に統合する可能性が出てきました。
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-2250663/Cara-Delevingne-inch-Manhattan-girl-takes-New-York-streets-DKNY–fellow-Victorias-Secret-Angel-Karlie-Kloss-poses-Donna-Karan-line.html

ダナ・キャランの作風

ダナ・キャランの作品はシンプルで、洗練された大人の女性向け服作りが特徴です。ファッション先進国の米国でも1970年代頃までは女性の衣装は限られていたとダナは語っています。
百貨店が大嫌いでフリーマーケットは大好きというダナ・キャラン。スポーツウェアとシティウェアを橋渡しする発想がなかったとも。彼女がその橋渡しをするために注目した素材がカシミアでした。
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/81200

関連リンク

https://amzn.to/2CD59sj

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました