黄色のストラップ・ガールを教えてください

メアリー・マクファデン:「ヴォーグ」編集者から起業

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

メアリー・マクファデン(Mary McFadden)はニューヨークに生まれたファッション・デザイナー。
ウーマンズ・ウェア・デイリー(WWD)が選んだアメリカのトップ・デザイナー12人中の1人。

経歴

幼い頃をテネシー州の綿花の農園で過ごし、エコーレ・ルーベック(フランス)やコロンビア大学で学んだ。
1962年、クリスチャン・ディオールのニューヨーク支社に入ってPRディレタターを務めたのち、1964年にアフリカに渡り、ヨハネスブルグで「ヴォーグ」誌(南アフリカ版)の編集者になった。
アフリカ芸術に心をひかれ、中国や日本などのオリエンタル・ムードの服作りに発展する端緒となった。1970年にニューヨークに戻り、アメリカ版「ヴォーグ」の編集者になり、アフリカや中国の服がヒントになったチュニックを紹介し、へンリー・ベンデル店に買い上げられた。

開業

メアリー・マクファデンは、1976年にニューヨークの西35番街にメアリー・マクファデン社を設立、同年にコティ・アメリカ・ファッション批評家賞を受賞した。
同じ頃、インテリア・ファブリック、壁紙の部門でも成功し、インテリア界のコティ賞といわれるロスコー賞を受賞している。
かたわら、パーム・ビーチにパトリック・ランナンが設立した美術館「Lerman Foundation」のディレクターを務め、文房具・絨毯・ランジュリーのライセンスを持つほどの幅広い活躍を続けた。日本の布地を愛し、イタリアの服地と並んで彼女の既製服の主要素材になっている。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました