黄色のストラップ・ガールを教えてください

ニコラ・ジェスキエール:2013年にルイ・ヴィトンへ

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

ニコラ・ジェスキエール(Nicholas Ghesquiere)は1971年にフランスに生まれたファッション・デザイナー。
ジャンポール・ゴルチエのアシスタントや、ティエリー・ミュグレーのニット・ウェアのコンサルタントなどを経て、26歳のときにバレンシアガのヘッドデザイナーになりました。2003年現在で6年目(2012年に退任)。
2013年にルイ・ヴィトンの女性コレクションのディレクターに就職(マーク・ジェイコブスの後任)。

ニコラ・ジェスキエール

ニコラ・ジェスキエール Nicholas Ghesquiere via Nicolas Ghesquière | LOUIS VUITTON

バレンシアガとの法廷闘争

ニコラ・ジェスキエールはバレンシアガ社との契約終了の2週間後に、イギリスのロンドンを拠点とするファッション誌『システム』で「慎みとデリカシー」を欠いたインタビューを繰返したと提訴。
そもそもバレンシアガ社はニコラに対する契約解除の賠償金として880万ドル(約8億9,000万円)を支払うことに合意していました。その交換条件がバレンシアガ社への誹謗を他言しないことでしたた。それをニコラ側が『システム』誌の一連のインタビューで約束を破ったという流れ。結局、2014年にバレンシアガ社はニコラを提訴し、10億円の賠償請求を行ないました。

関連リンク

  • Nicolas Ghesquière | LOUIS VUITTON – ルイ・ヴィトンの公式ウェブサイト。ルイ・ヴィトンの女性コレクションの芸術監督に加わったニコラ・ジェスキエールの略伝。

関連図書

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました