黄色のストラップ・ガールを教えてください

ティエリー・ミュグレー:Thierry Mugler

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。

ティエリー・ミュグレー

ティエリー・ミュグレー Thierry Mugler は、1948年にフランスのストラスブールに生まれたファッション・デザイナー。

ティエリー・ミュグレー

ティエリー・ミュグレー:Thierry Mugler via ティエリー・ミュグレー – Wikipedia


美術学校でアール・デコ美術を学び、ストラスプールのオペラ座でダンサーをしたことがある。19歳の1968年に、幼い頃からの憧れだったファッション・デザインを始め、同じ年にパリに行き、フリーのデザイナーとして経験を積み、プレタポルテのメーカー「グデュール」に職を得た。
1973年にコレクションをスタートし(カフェ・ド・パリ)、1977年から「ティエリー・ミュグレー」の名でショーを発表。青年時代にバレエ団のダンサーとして活躍した経験が、服作りにも、ショーの演出にも活かされている。彼の店はパリ・アルシーブ通りにあり、布地とシルエットをもっとも大切にしながら、アンチ・モードのマニッシュな服作りに専念している。アメリカでの評価が高く、決して過去にもどることのない未来派のデザイナーといわれ、生活に密着した着やすいスタイルをモットーに制作を続けている。
1997年に、ティエリー・ミュグレーはジャンポール・ゴルチエらとともに、パリのオート・クチュール・コレクションに参加した。彼の追求は、「セクシーとは何か」であり、ナオミ・キャンベル、シャロン・ストーン、ダイアナ・ロスをファッションの女神と定義している。また、広告ビジュアルを自身で撮るなど、フォトグラファーとしての才能も発揮。香水も、ヨーロッパのベストセラーとして数えられている。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました