アンドレ・クレージュのメリー・ジェーン・シューズ

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。

メリー・ジェーン・シューズ

メリー・ジェーン・シューズ : アンドレ・クレージュは最初の既製服ファッション・デザイナー(衣服設計師)の一人で、その名は履物にも及びます。この平坦な メリー・ジェーン・シューズ(Mary Jane Shoe)は、パンチの効いた色と大袈裟な正方形状の爪先・舌皮をもち、クレージュの未来的衣装の完全な付属物でした。

出典Linda O’Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More,Workman Pub Co, 1996, p.490

メリー・ジェーン・シューズ : アンドレ・クレージュ、1968年。

メリー・ジェーン・シューズ : アンドレ・クレージュ、1968年。Mary Jane Shoe, André Courrèges, 1968 via Linda O’Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More, Workman Pub Co, 1996, p.232-233. to amazon.jp

メリー・ジェーン

メリー・ジェーン Mary Jane(メアリー・ジェーン)は米語で、別名はバー・シューズといいます。甲を挟んで1つ以上のストラップが付いて、襟ぐりの深い靴のことです。以前は登録商標でした。
今はキャンバスやスエードのものが増えていますが、古い子供用メリー・ジェーンは黒に革かエナメル革で出来ていました。薄いストラップにはバックルかボタンが付いています。また、幅広く丸いトー・ボックス(Toebox)、つまり踵は大きい箱状になっていて、ロー・ヒールでした。底は薄めです。
女子の間では、メリー・ジェーンの伝統的な履き方があり、パンティストッキングか靴下を穿き、ワンピースのドレスか、スカートとブラウスのセットで履かれました。男子の間では一部ですが、メリー・ジェーンの伝統的な履き方に、靴下、短パン、シャツの組み合わせがありました。

1960年代ファッション
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました