ケイタ・マルヤマ:Keita Maruyama

この記事は約2分で読めます。

ケイタ・マルヤマ Keita Maruyama は、1965年に日本の東京都で生まれたファッション・デザイナー。
1987年、文化服装学院ファッション工科アパレルデザイン科を卒業。卒業と同時に、アツキ・オオニシ(大西厚樹)によるキャトル・セゾンの企画デザイナーに就任。90年にフリー・デザイナーとして独立した後はタレントやCMの衣裳を手がけた。特に「ドリーム・カムズ・トゥルー」の衣裳デザイン製作で注目される。
1994年4月に行なわれた95年秋冬東京コレクションに「ケイタ・マルヤマ・トーキョー・パリス」ブランドとして男物と女物を発表、97年10月にはパリ・コレクションにデビューした。99年10月、パリのギャラリー・ヴィヴィエンヌという画廊で行なわれた00年春夏コレクションが好評。インディアン風の革使いと刺繍、鮮やかな花柄プリントと格子の組合わせ、メルヘン調色彩のゴブラン地など、洋服自体がシンプルなのに対し、色彩と素材のバランスが見事に調和した作品が多数披露された。また同99年には「ケイタ・マルヤマ・キモノ」もスタート。04・05年秋冬パリ・コレクションでは「白鳥の湖」(スワン・レイク)をテーマにした作品を発表。
ケンゾー(高田賢三)から大きな影響を受けたという丸山敬太は、独自の解釈によるストリート・スタイルを特徴に、オリエンタルな刺繍、エスニックなモチーフを使いながら、西欧的なバランスと技術も裏打ちされた服作りが評価されている。パリのコレットなど話題の店にも置かれ、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどへビジネスを展開している。
1996年毎日ファッション大賞新人賞を受賞。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました