黄色のストラップ・ガールを教えてください

ブルマーの社会史:女子体育へのまなざし

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

「ブルマーの社会史」は、日本で1910年代から体育の授業で着用が義務付けられ、90年代に廃れていったブルマーの近現代史をまとめたものです。
20世紀初頭から流行り始めた女子教育と運動を関係づけて述べています。

概要

19世紀的な袴が世紀転換期にはくくり袴となり、1910年代にブルマーが定着しはじめました。この時期のブルマーは、旧習からの解放という意味合いをもっていましたが、90年代には女子学生を抑圧するアイテムだと認識されていきます。それがブルマーのジレンマという風に記されていて面白い所です。
日本では1910年代に、ブルマー用ミシン、ニッカース用ミシンといったアメリカ製ミシンが輸入されはじめます。それを受けて、コンビネーション、ブルーマー、ニッカーボッカーズ等の洋装肌着・下着の製造販売が、1920年代に本格化しました。
私の著書『ミシンと衣服の経済史』で、その背景を確認するために運動のあり方や女子教育の在り方の点で参照しました。
著者の一人、高橋一郎によりますと、1920年代は女子体育が従来の健康目的から競技目的へ移行した時期で、その移行とともにブルマー型・ショートパンツ型が定着したようです。
といっても、118頁の写真7「福岡県立嘉穂高女の運動服」のパンツは膝丈ですし、123頁の図1「簡単な婦人ブルームの作り方」では股下に少々の丈が残されていることから、この頃のブルマーは、戦後に流行ったショートパンツ風ブルマーだけでなく、ニッカー・ボッカーズも含まれていたのでしょう。

ブルマーの正当性

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました