黄色のストラップ・ガールを教えてください

リリー・ダッシェ:1930年~50年代の帽子デザイナー

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

リリー・ダッシェ(Lilly Daché)は、1898年にフランスのベグレに生まれたファッション・デザイナー。
1930年から50年代にかけて、帽子のトップ・デザイナーとして全米に令名をうたわれました。

経歴

婦人用帽子の店からキャリアをスタート。
14歳で学校を卒えるとすぐに、伯母の帽子店、パリのキャロライン・ルブー、スザンヌ・タルボなどで、帽子作りの詳細を下積みから学びました。
ジャン・デスプレと結婚後、1924年にニューヨークへ移住。製品をメーシー百貨店に持ちこんで販売しました。

開業

自分の店は、西80番街、ブロードウェイ、マディソン街などを転々と移したのち、最後に、東57番街に9階建てのビルを購入して拠点にしました。そこには、ショールームやアトリエなど、販売・製作部門を集中させ、居住スペースも作って、活躍の基礎を固めます。
当時の合衆国で最も有名な婦人帽子屋となりました。当店の目玉は商品は、

  • ドレイプを寄せたターバン
  • 頭の天辺で形を作るふっくらした帽子
  • ハーフの帽子、従軍労働者向けの帽子(キャップ)
  • ロマンチックにひと固まりになった花形の色鮮やかなスヌード(髪をまとめるためのヘアネット式帽子)

などでした。
1949年までに自分の帽子に似合ったドレスもデザインし始めました。
同時に、バッグ、ストッキングランジェリー、ラウンジウェア、手袋、靴下、ワイヤードなストラップレスのブラジャー、香水、メンズシャツ、ネクタイなども手がけました。
デザイナーのロイ・ホルストン・フローイック、有名な美容師ケネスらが、ダッシェの下で働いていたことがあります。
コティ社副社長の夫ジャンが1968年に退職すると同時に、リリーも1代で築きあげた事業から引退。1989年にフロリダのパームビーチで死去。
1940年にニーマン・マーカス賞、1943年にコティ・アメリカ・ファッション批評家特別賞を受賞。

作品例

https://www.metmuseum.org/art/collection/search/80462

この作品はリリー・ダッシェが1950年代半ばにデザインしたハットです。生地は絹。
アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました