黄色のストラップ・ガールを教えてください

キャロ姉妹:ベル・エポックのパリ・モード代表店

アーカイブ(凍結記事)
この記事は約2分で読めます。

キャロ姉妹(Callot Sœurs)は、ベル・エポックのパリ・モードを代表する店の一つ。ロシア系の骨董商の娘レジーナ、マルシェ、マリーの3人により、1888年に下着トレースの店を開店したのが始まり。

イヴニング・コート キャロ姉妹 1900年頃 ウール製 シルク製 ファー製

イヴニング・コート(キャロ姉妹制作、1900年頃、ウール製・シルク製・ファー製) via Callot Soeurs | Evening coat | French | The Met


1895年にパリでオート・クチュールのメゾンを創立。以前からの店の特徴を引き継ぎ、当初はリボンやレスをあしらい、入念に仕立てたブラウスやランジェリーのメゾンとして出発。同年、クチュール組合に加盟し、ベル・エポックのグランド・クチュールのメゾンの一つとなった。1901年にはバイアス・カットで有名なマドレーヌ・ヴィオネMadeleine Vionnet)が入店している。ロンドンとニューヨークに支店があった。1937年に閉店。
イヴニング・ドレス キャロ姉妹 1910–1914年頃 コットン製 シルク製 メタル製

イヴニング・ドレス (キャロ姉妹、1910–1914年頃、コットン製・シルク製・メタル製) via Callot Soeurs | Evening dress | French | The Met


レース、シフォン、ジョーゼット、オーガンディなどをふんだんに使い、金銀のラメや精巧な刺繍をほどこした優美な作品、とくにイブニング・ドレスに人気が集まった。繊細な手仕事が自慢だった刺繍は、ロココ風、あるいは中国風な花柄が代表的。1920年頃に作成された「夜会用コート」には、袖のカッティングなどに日本の着物からの影響もみられる。

アーカイブ(凍結記事)
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました