黄色のストラップ・ガールを教えてください

流行色のアンサンブル 小沢喜美子:婦人画報 1966年

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

流行色のアンサンブル 小沢喜美子:婦人画報 1966年

ここに紹介する2点の画像とリード文は「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁~11頁に特集された「流行色のアンサンブル」です。カメラは藤井秀喜、デザインは小沢喜美子。
いずれの作品も膝頭をのぞかせるミニスカート。2点のジャケットには腹部にリボン。いずれも1960年代の大きな特徴です。

特集リード文

流行色は、とかく着にくいものとされていますが、今シーズンの紫は、日本人になじみ深い色です。江戸紫のように青みをふくんだものから、赤に近いほどの紫まで、日本人の肌を美しく見せる色です。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁

特集リード文批評

赤に近い紫で示される作品はピンク色に近く、かなり目立った服になります。見た目が若くなってカッコいいですね。

すみれ色のアンサンブル

すみれ色のアンサンブル

出典 「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁

リード文

ドレスの胸と上衣のボウにビーズを飾ったウールジョーゼットの服です。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁

リード文批評

いずれもシックで大人っぽいアンサンブル。

江戸紫のアンサンブル

江戸紫のアンサンブル

出典 「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁

リード文

冷たく冴えた紫のドレスと衿なしの上衣ショッキングピンクのアンサンブルジャンパーふうのドレスとドレ短い上衣の若い人のひとそろい。葡萄酒色のツーピース斜めに打合せた短い上着の衿もとに、かすかにピンクを重ねたデザイン。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1966年11月号、10頁

リード文批評

いずれもピンク色に近い紫で、若々しい印象。後方の作品は打ち合わせを斜めにしていて面白いです。

1960年代ファッション
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました