ニットコートの着やすさ ロマン・ミナサラ

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。

ニットコートの着やすさ ロマン・ミナサラ

ニットは不勉強すぎて、いつ頃に製品の水準が上がったのか、1960年代なのかなぁと想像するだけしかできません。
この広告を見ると1970年代にはニットのコートが出ていることを知って驚いています。

特集リード文

軽くて着やすいという点ではニットにまさるものはありません。特にロングコートは、あまり重すぎる材質は不むき。ロマンとイタリアのミナサラが共同でつくった、すぐれた素材の、カットのよさをいかしたコートです。

出典婦人画報 1973年11月号92頁

特集リード文批評

ふつう、ロングコートは織物や毛皮で作るものです。この時代になってそれが重くて「不むき」と判断できますが、昔は重いままでした。主題は材質なので、共同開発の素材はカッティングしやすいニット生地なのだと思います。糸ではなさそうです。

オフホワイトのコート

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二。

リード文

ダブルコートのシルエットの美しさ。昼も夜も、どんな服の上にも着られて便利です。おしゃれなミセスにおすすめします。

出典婦人画報 1973年11月号93頁

リード文批評

衿のアクセントが強いので帽子で対抗させるのが無難かと思います。衿と打合いに施されたパイピングがかっこいい。

赤いコート

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、93頁。撮影・大倉舜二

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、93頁。撮影・大倉舜二。

リード文

真っ赤なステンカラーのコートは、ボタンをかくした仕立て。かすかにフレヤーを出したのも、今年の流行の一つです。

出典婦人画報 1973年11月号93頁

リード文批評

ボタンを隠してあっさりさせたのはナイス。フレヤーはフレア。後身頃を広めにとって裾をAライン風に仕立てたのでしょう。

セシールでのお買い物

  • セシールでのご注文が初めての方に限り、1回のご注文にかかる基本配送料金539円(税込)が無料です。ご注文内容の確認画面で値引きいたしますのでご確認ください。ゆうパケットの場合は220円税込。
  • 商品1点ごとにかかる別配送料金は送料無料対象外となります。
  • 【大型別配送】【小型別配送】マークの商品をご注文の場合は、商品ページ内に金額を記載しております別配送料金を別途申し受けます。

バーゲンセールもぜひチェックしてみてください!

1960年代ファッション
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました