およばれのドレス(杉野芳子・田中千代)

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。

およばれのドレス(杉野芳子・田中千代)

このページでは「婦人画報」1967年1月号、30頁・31頁に特集された「お正月の晴着」から「およばれのドレス」をご紹介しています。
撮影は藤井秀喜、デザインは杉野芳子と田中千代です。

赤いカクテルドレス:杉野芳子

赤いカクテルドレス。出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、30頁。

リード文

ウールダブル幅の半分が、ボーダーふうに透けて織られた布3メートルでパーティードレス2着をつくった、その一着です。上部全体を透けた部分であつかい、紐の下を切替えて、前スカートだけにフレヤーを入れて、このドレスのポイントにしたもの。四季を通じて着られるだけでなく、広い範囲にきずに着られるよさももっています。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁

リード文批評

透け感は低め。

ドレスの色が映えている分、靴が貧相に見えます。

服の特集なのでそうなるのでしょうか…。

ショートブーツかミドルブーツがほしいところ。

市松喜祥文様のショートイブニング:田中千代

市松喜祥文様のショートイブニング。出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁。

リード文

七五三の帯地1本を残りなく使ってこしらえた夜のドレス。ツーピースになっているので、上部を黒いビロードやラメにしたり、反対にスカートをかえることもできて変化がたのしめます。毛皮のストールをあしらえば、若い方の正装用として豪華な装いです。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、31頁

リード文批評

パネルべたべたのワンピースドレス。確かに豪華です。

この作品もミニスカートです。

靴が貧相なのは同上。

「婦人画報」1967年1月号の表紙と目次(外部リンク)はこちらをご覧ください。

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました