黄色のストラップ・ガールを教えてください

ジャクリーン・ビセット:1970年代最高の美女といわれた映画女優

ファッション歴史
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

ジャクリーン・ビセット

ジャクリーン・ビセットは1944年にイギリスのサリー州ウェーブリッジに生まれた女優です。

母語表記は「Jacqueline Bisset」。

「1970年代最高の美女」と呼ばれます。柔らかめの上品な顔立ちとに、グラマーな体型がアンバランスで、独特の風格をもっています。

アンドレ・クレージュのカーディガン&パンタロン via Vogue France, No.536, 1973, Mai, p103. トニー・ケント(Tony Kent)撮影。モデルはジャクリーン・ビセット。

父親はスコットランド人医師、母親はフランス人の弁護士。

彼女は3歳から16歳までバレエを学び、ロンドンのフレンチ・リセ・スクールを卒業しました。

映画デビュー

18歳から写真モデルを始めて、リチャード・レスター監督に見出されます。

これを機に1965年の映画「ナック」に出演、映画デビューを果たします。

1967年にはオードリー・ヘップバーン主演の「いつも二人で」に女子学生役で一瞬だけ出演し、セクシーな演技を見せました。

ハリウッド映画とフランス映画への本格デビュー

1968年「刑事」でフランク・シナトラの相手役、「ブリット」でスティーブ・マックィーンの相手役を務め注目を集めました。

ハリウッドを中心に活動し、フランス語が流ちょうなためフランソワ・トリュフォー監督「アメリカの夜」(1973年)などのフランス映画でも活躍しました。

次の画像は1976年3月号で、彼女が表紙を飾った「ヴォーグ」フランス版(パリ版)です。

ヴォーグ誌フランス版(1976年3月号)表紙。モデルはジャクリーン・ビセット。 via Vogue France, No.566, 1976, Mai.

ジャクリーン・ビセットの着る、ゴールドチェーン製ストラップつきアブラハム白色ジャージー地のロング・ドレスマルク・ボアン制作(クリスチャン・ディオール・ブティック)。

  • メイクアップ…ディオール社ナチュラル・ファンデーション「ハレドマイ」
  • チーク…ディオール社ブラッシュ「フィギア」
  • アイライン…マスカラ・ディオーマティック
  • アイシャドウ…強めのコンパクト・ディオール・シャドウ「シベリア・グレー」
  • 口紅…唇に赤い「爆発物」
  • チェーンとゴールドイヤリング…カルティエ
  • 髪形…フレデリック・ド・ルイ・G

ヴォーグ誌フランス版(1976年3月号)表紙

1981年の「ベスト・フレンズ」では自身の製作会社ジャケット・ プロダクションを率いて、共同製作をしました。

1985年には “Anna Karenina”「ベルリンは夜」でTVMにもデビュー。

結婚しない女として

アンドレ・クレージュのカーディガン&パンタロン via Vogue France, No.536, 1973, Mai, p102. トニー・ケント(Tony Kent)撮影。ジャクリーン・ビセット被写体。

“結婚しない女”として有名で、俳優マイクル・サラザン、 デザイナーのヴィクトル・ドレーと続き、ソ連生まれのバレエ・ ダンサー兼俳優のアレクサンダー・ゴドノフと同棲をしました。

2013年、BBCのミニシリーズ “Dancing on the Edge” での演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞 助演女優賞(テレビ部門)を受賞。

ファッション歴史
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました