黄色のストラップ・ガールを教えてください

お客さまを迎えるときの長いスカート:小沢喜美子デザイン

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

お客さまを迎えるときの長いスカート:小沢喜美子デザイン

ここに紹介する2点の画像とリード文は「婦人画報」1967年12月号16頁・17頁に特集された「お客さまを迎えるときの長いスカート」です。

  • デザイン:小沢喜美子
  • カメラ:大倉舜二
  • ヘア:近江美容室

小沢喜美子デザイン「婦人画報」1967年12月号16頁

リード文

日ごろから長いドレスを着てみたいな、とお思いの方は、お客さまをむかえる夜など、こんな長いスカートをお召しになってはいかが。ロマンティックで優雅なホステスの装いは、ホームパーティーをいっそうたのしくするものです。長いスカートだけをつくっておけば、上は絹の白やプリントのシャツブラウスとか、配色のよいセーターなど組みあわせは自由です。パーティーのときばかりでなく編ものをするとき、テレビをみるときなど暖かく利用できます。

リード文批評

上下黄色に大胆な配色。ジャケットは短めでスカートはマキシ丈。配色にもまして大胆で豪華なアンサンブルです。
マキシ丈の分、足首が見えず、靴も半分ほどしか見えていませんが、金色にしてゴージャスさを維持。ストッキングを穿いていなさそうなのが少し残念ですが、生足がむしろ大胆さや豪華さをアピールするのかも。
それでいて、ジャケットの大きな黒ボタンにもつい目が行くので、色々と楽しめる作品になっています。
モデルのまつ毛のメイクが鼻の上がり具合に平行して、完全に一目惚れです。勝ち誇った表情に心奪われました。
出典 「婦人画報」1967年12月号16頁

小沢喜美子デザイン「婦人画報」1967年12月号17頁

リード文

▲黄色いホステスウエアフランス綾の上下に、黒いシールのベストと上衿:スカートは、黒のタートルネックのセーターと組みあわせても美しいものです:▼紫のホステスウェアすみれ色のコージュロイで仕立てたベストとスカートです。あまい配色の長袖のシャツは、肌ざわりのよいアンゴラジャージーです。▼ピンクとグレーのホステスウェアリバーレースのブラウスと、暖かいアストラカンのスカートの組みあわせです。

リード文批評

こちらの2作品も上衣が短め、スカートを眺めに。
合計3作品とも布量にこだわらず、黄金比率をバリバリに反映させているのでカッコいいです。
出典 「婦人画報」1967年12月号17頁

1960年代ファッション
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました