黄色のストラップ・ガールを教えてください

アクセサリーこんにちは〈特集〉今日は!アクセサリー

1960年代ファッション
この記事は約2分で読めます。

このページでは「婦人画報」1967年2月号、29頁から特集のはじめる「アクセサリーこんにちは」をご紹介しています。

アクセサリーこんにちは

特集リード文

アクセサリーという言葉を直訳すると、付属品、共犯者、芝店の小道具などいずれも助ける役目の言葉です。服装の場合〈ドレスを主体としてそれをより完全により美しくするために従属するもの〉をいいます。単に飾ることが目的ではありません。それによって一段と服装が整うものでなければならないのです。
それは、服という主役をいかす有能な脇役。たとえ主役が大根役者であろうともこぞってもりたてカバーして、うまい芝居にみせなくてはならないのとよく似ています。ですからアクセサリーを選ぶあなたは、その芝居アクセサリー をを創る〈演出家〉なのです。

出典 「婦人画報」1967年2月号、29頁

特集リード文批評

執筆は宮内裕。

ボンジュール・アクセサリーと題して、ハロー・アクセサリーとしない点はファッションをフランスに結び付けようとする一種の偏向権威主義がみられます。

この権威主義はフランスをおしゃれの代表格とみなす偏見で、パリ詣といいます。

アクセサリーこんにちは。「婦人画報」1967年2月号、29頁

1960年代ファッション
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
タイトルとURLをコピーしました