黄色のストラップ・ガールを教えてください

1930年代:コスメティック産業の発展と女性美基準の拡大

モード歴史と女性美基準の転換
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)

この記事では、20世紀に女性美の基準が変化した流れを美容の観点から説明しています。

大まかにはボディケアからメイクアップへと女性美基準は拡大していきます。

時代状況

前史

1920年代までは、美的概念は重要と思われていたものの、1930年代にはっきりしてくる意味をまだ知らなかったという前史があります。

19世紀末から20世紀初頭にいたるフランス女性誌の内容を分析した研究があります。その成果によると、当時はボディケアに関連した女性美のイメージはマスコミに存在しませんでした。

そのため、ボディケアに関する「美」を扱った雑誌は「ボーテ・マガジン」(Beauté Magazine」(1929年刊)、「サンテ・フォルス・ボーテ」(Santé, force, beauté」(1931年刊)、「ル・コンセイエ・デ・ラ・フェム」(Le Conseiller de la femme)など、数少ない専門誌が雑誌名に冠していた程度に留まっていました。

ボディケアと化粧品の関連性に関する注目した例外的な雑誌は、1920年代の「ヴォーグ」フランス版と1935年以降の「ハーパース・バザー」だけでした。

背景

1920年頃は美容(ボーテ=ビューティー)というと髪型と衣服に注目されていました。

そして自然な身体を変えていこうという動きが20世紀初頭から出てきます。

そこでまず、衣服との関わりからボディケアと言ってもスキンケアではなく服との関わりから補正下着がかなり普及するようになって、姿勢のケアという方向に向かいます。

1930年代:コスメティック産業の発展と女性美基準の拡大

化学の進歩によってコスメティック産業は大きく発展しました。

口紅、マニキュア、色んな化粧用クリーム、日焼けクリーム、毛髪染料などの化粧用品です。これらは女性の必需品にまりました。

毛髪染料

とくに毛髪染料の人気は急増しました。白髪をブルーやモーヴに染め、白髪を美しくみせるようになります。

「ヴォートル ・ボーテ」誌:髪型・ファッション・メイク

マニキュア、色んな化粧用クリーム、 日焼けクリームなど、新しいメイク法も普及しました。

これには映画のスターたちも一役買いました。また、あらゆる化粧品の広告媒体となる雑誌も創刊されました。

1932年に創刊されたフランスの美容雑誌「ヴォートル・ボーテ」(Votre Beauté)です。

この雑誌は高級志向だったので、あまり読者層を広げられませんでしたが、女性美基準に新しい観点を導入した点で重要な位置を締めています。

この雑誌が刊行されるまで、多くの雑誌はは髪型とファッションに重点を置いていました。

しかし「ヴォートル ・ボーテ」は美容・髪型・ファッションを重視する雑誌として刊行され、美容(メイク)を大きく取り上げた訳です。

この雑誌は現在でも刊行されています。

女性美基準の拡大

女性美の概念は、以前は自然の身体か衣服のどちらかに関連していました。

しかし、この雑誌は編集者によって、美容製品の定期的使用の成果だと再定義されました。ここに女性美基準に化粧(メイクアップ)が加えられたのです。

この雑誌は化粧品の複合企業ロレアル社(L’Oreal)創設者の薬剤師ウージェンヌ・シュエレール(Eugene Schueller)によって刊行されました。

雑誌記事は、論説と商業広告のいずれの各ページも「ヴォートル ・ボーテ」が新しい美の定義をどう開発されたかを繰り返し述べました。

「マリ・クレール」誌

雑誌「マリ・クレール」1937年3月5日号(創刊号)。 via D’un corps de classe à un corps de genre

しかし、数年後の1937年に「マリ・クレール」という雑誌が創刊され、第3次産業に従事する女性たちや労働者階級の女性たちをターゲットにして読者層を広げました。

メイク方法はここで大々的に宣伝されました。

「マリ・クレール」の発行部数は刊行間もないころに80万部に達します。

雑誌表紙は今までとは違う新しいもので、若く美しく、明るい女性の顔がカラーではっきりと写しだされていました。表紙が今はやりのメイクを教えてくれました。

モード歴史と女性美基準の転換
スポンサーリンクELLE SHOP(エル・ショップ)
この記事を書いた人
もで

いろんなファッション歴史の本を読んで何も学べなかった残念なファッション歴史家。パンチのあるファッションの世界史をまとめようと思いながら早20年。2018年問題で仕事が激減したいま、どなたでもモチベーションや頑張るきっかけをください。

モードの世紀をフォロー
モードの世紀をフォロー
モードの世紀

おすすめファッション通販(売上げ重視)

エル・ショップ(ELLE SHOP)
ELLE SHOP(エル・ショップ)

インターナショナル・ファッション誌『エル・ジャポン』(ELLE JAPON)のエディターがプロデュースする、オンライン・セレクトショップです。ラグジュアリーブランドからアップカミングブランドまで、ファッションアイテムやライフスタイル提案商品を幅広くラインナップ。憧れのブランドがELLE SHOPだけに提供する、限定アイテムも要チェック。配送料:全国一律540円(税込)。

リーバイス®オンラインストア

リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトです。ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なファッションアイテムを販売。この10年ほどはオンライン通販のおかげでリーバイスのジーンズが手に入りやすくなりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました